【広告】 使わなくなったタオルを掃除用に加工しませんか? 詳しくは ⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 春の笹間ケ岳と太神山


 
 
 
 −近畿の登山記録− .
近畿北部登山記録 近畿南部登山記録 日本百名山登山記録 山道歩の登山記録
 

  滋賀県の笹間ケ岳と太神山の案内地図

 ■笹間ケ岳と太神山の地図
  『笹間ケ岳』は、太神山よりも左のほうになります。
 笹間ケ岳太神山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。

 笹間ケ岳太神山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
笹間ケ岳太神山
 

  笹間ケ岳と太神山の登山記録   H21.4.11

 ■池があって楽しいです。お寺や祠が信仰を感じさせてくれました。
   笹間ケ岳と太神山の記録(.xls)

 δ01.【8:35】バスで上関到着。天気が良いです。 \(^_^)/
上関

 δ02.【8:40】新茂智神社に参拝。   (・A・)
新茂智神社

 δ03.【8:46】東海自然歩道です。右へ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
東海自然歩道

 δ04.貯水池です。木が映っていますね。 o(^▽^)o
貯水池

 δ05.【8:58】分岐に注意! 案内のテープを探します。 (・∀・)
分岐

 δ06.まずは笹間ケ岳に登ります。急な道になりました。《C!展望地》 γ(▽´ )ツ
道

 δ07.【9:27】途中笹間ケ岳が見えます。東海自然歩道が車道を横切ります。
道

 δ08.【9:45】山頂直下にある、祠に参拝しました。  (・A・)
祠

 δ09.クサリをもって岩に登ります。きれいな大きな岩です。 ヾ( `▽)ゞ
笹間ケ岳山頂

 δ10.【9:47】笹間ケ岳山頂 433m。 \(^▽^)/ ここは岩の上です。
笹間ケ岳山頂

 δ11.川や田んぼが見えます。登ってきた時の池も見えました。 γ(▽´ )ツ
笹間ケ岳山頂

 δ12.琵琶湖の方の景色も白くかすんでいました。 o(^▽^)o
笹間ケ岳山頂

 δ13.【9:53】矢筈ケ岳に向かいます。  (・∀・)
道

 δ14.【10:00】車道を横切ります。【10:14】岩道を進みます。案内欲しい。
道

 δ15.【10:22】沢沿いの明るい道です。楽しいですね。 \(^_^)/
道

 δ16.【10:27】右手側に池が見えます。気持ちいいですね。 o(^▽^)o
池

 δ17.少しの間、池を眺めました。 ヾ( `▽)ゞ  《C!大》
池

 δ18.【10:37】矢筈ケ岳への分岐です。右へ1.5kmです。 o(^▽^)o
分岐

 δ19.【10:54】ベチャ道を歩いたあとで車道にでます。関係車両のみの道です。
車道

 δ20.蜘蛛の巣と枯れ枝によくぶつかりました。イワウチワが咲いていますよ。
道

 δ21.【12:09】矢筈ケ岳山頂 562m。 \(^▽^)/ 下りますね。
矢筈ケ岳山頂

 δ22.きれいな尾根道です。太神山に向かっています。
尾根道

 δ23.【13:00】不動橋からの山道に合流しました。 ヾ( `▽)ゞ
山道

 δ24.【13:06】二尊門です。不動寺の境内に入ります。 (・A・)
二尊門

 δ25.【13:20】不動寺本堂に到着しました。参拝します。《C!境内》(・A・)
不動寺本堂

 δ26.石段を登っていきます。山頂までもう少しです。 ヽ(゚◇゚ )ノ
石段

 δ27.清水寺のように櫓が組んであるお堂です。 《C!堂内》 (・∀・)
お堂

 δ28.【13:32】太神山山頂でーす。三角点があります。600m。\(^▽^)/
太神山山頂

 δ29.山頂の祠に参拝します。  (・A・)
太神山山頂

 δ30.同じ道を下山します。【13:52】二尊門を通過しました。ヽ(゚◇゚ )ノ
二尊門

 δ31.泣不動を通過して、山道をどんどん下ります。 γ(▽´ )ツ
山道

 δ32.小川を渡った後、分岐にでて左に下りました。 ヾ( `▽)ゞ
分岐

 δ33.【14:27】車両止めがあります。もう少し歩くと迎不動です。 (・∀・)
車両止め

 δ34.車道を下ります。途中に笹間ケ岳への山道がありました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
車道

 δ35.【14:57】アルプス登山口です。桜がきれいでした。 \(^_^)/
アルプス登山口

 δ36.【15:08】石山駅行きのバスに乗りました。今回もよい山行でした。
バス



 

  笹間ケ岳と太神山の登山日記   H21.4.11 


 尼崎に住んでいた頃の山行です。滋賀県となるとちょっと遠い 感じがしますが、近江の山をいろいろ体験してみたいものです。 デジカメを持っていないころに、関西の山に登っているから、同 じ山にもう一度行くこともありました。

 太神山も以前登った山ですが、なかなか写真帳を開かないから、 どんなところだったか忘れています。今回は、笹間ケ岳と合わせ て登ることにしました。

 JRで移動して8時半にバスで上関に到着しました。ここは初 めてです。まだ家が多いところでした。頑張りますよ。新茂智神 社にお参りしてから、静かに山に入って行きます。東海自然歩道 だから道がよさそうです。

 たまにツツジが咲いています。しばらくゆるやかな道です。貯 水池がありました。静かな水面に景色が映っています。

 その後、道がだんだん細くなり、笹間ケ岳のピークをめざしま す。えぐれた道がありました。途中に舗装された車道があったの には驚きました。

 汗をかきました。電話が鳴ったので、通話した時に汗が落ちま した。このあと携帯電話が壊れます。汗一滴でお陀仏なんですね。 保険に入っていたので、帰宅してから交換してもらいました。

 ピークに近づくと祠がありました。信仰の山なんですね。お参 りしてから山頂の岩の上にあがります。クサリがついていたので、 持って登りました。きれいな岩です。さて景色を眺めましょう。

 登ってきた方向の景色が見えます。バス停近くの集落や、景色 が映っていた貯水池があります。水田がたくさんあるところです ね。川も見えます。琵琶湖の方は白くかすんでいました。

 休憩したあとに、矢筈ケ岳に向かいます。一度下ります。天気 がよいから暑くなってきました。下山でも舗装された車道を横切 ります。

 次に池の横の道を歩きます。柵があって素敵なところです。 花が咲くのが楽しみです。トンボがいそうなところでした。

 案内が少なかったけど、なんとか矢筈ケ岳に向かっています。 蜘蛛の巣があったりします。樹林帯の中にイワウチワが咲いてい るのを見つけました。春ですね。きれいな花を見て喜びました。

 12時すぎて矢筈ケ岳山頂に着きました。やったぁ。でも展望 がないので、ちょっと休んで下ります。まだ太神山が待っていま す。急ぎましょう。

 約1時間で二尊門に着きました。結界がある感じです。そのま ま進んで不動寺境内に入りました。誰もいないようです。静かで した。本堂にお参りしてから、さらに石段を上ります。 山頂はまだ上です。

 上にもお堂があります。頑丈な作りのお堂でした。小さいです が清水寺のような感じです。まわりの木が大きいので、どこから 撮影したらよいか悩みます。ここから山頂はすぐです。

 13時半です。三角点が見えました。標高600mです。 樹林帯で展望がありません。以前登ったはずですが、懐かしい感 じがありませんでした。なにか変ったのかもしれません。 展望がないと長居しません。社があるので、参拝してから本堂に 戻りました。

 その後、二尊門をくぐって、泣不動の方に下山していきます。 下りは早いです。日が当たる道を下って、車道にでました。あと はそのまま進んで、アルプス登山口のバス停に着きました。 ここはなんとなく見覚えがあります。桜が咲いていました。


Copyright © 2012 近畿の登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作 by 埃取タオル



















































カーネステン