【広告】 使わなくなったタオルを掃除用に加工しませんか? 詳しくは ⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 見事な岩の金勝アルプス、竜王山







  −近畿の登山記録− .
近畿北部登山記録 近畿南部登山記録 日本百名山登山記録 山道歩の登山記録
 

  滋賀県の竜王山の案内地図

 ■竜王山の地図
 竜王山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。

 竜王山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
竜王山
 

  竜王山の登山記録   H21.12.6

 ■金勝は「こんぜ」と読みます。岩が素晴らしいですね。
   竜王山の記録(.xls)

 竜01.【8:30】準備完了。上桐生から出発します。標高170mです。(・∀・)
上桐生

 竜02.広い駐車場です。山道に向かいます。  ヾ( `▽)ゞ
駐車場

 竜03.池の近くの小屋です。この先から山道になりました。落ち葉多いですね。
小屋

 竜04.分岐が多いのでよく確認します。【8:55】落ケ滝まで往復しますね。
分岐

      竜05.【9:00】落ケ滝。岩に水が落ちています。標高300m。
落ケ滝

 竜06.【9:08】標高が上がって琵琶湖が見えますよ。  \(^_^)/
琵琶湖

 竜07.落ケ滝の上はこのようになっています。 γ(▽´ )ツ
落ケ滝の上

 竜08.岩の上を歩きますよ。楽しいですね。  ヾ( `▽)ゞ
岩の上

 竜09.【9:16】ロープのある岩場が続きます。集中して登ってね。 ヽ(゚◇゚ )ノ
岩場

 竜10.【9:23】北峰縦走路の分岐です。標高は370m。 \(^_^)/
分岐

 竜11.【9:33】急な道を上っていきます。この道は往復します。 (・∀・)
道

 竜12.【9:37】鶏冠山山頂。標高491m。 \(^▽^)/ 
鶏冠山山頂

 竜13.分岐に戻る途中の景色です。天気が良くなっていました。o(^▽^)o
道

 竜14.天狗岩を目指しています。日が当たる硬い砂の山道です。 γ(▽´ )ツ
山道

 竜15.【10:10】鶏冠山を振り返っています。 \(^_^)/
鶏冠山

 竜16.【10:22】天狗岩への分岐です。ちょっと見てきますね。 ヾ( `▽)ゞ
分岐

 竜17.青空に映える白い岩です。 o(^▽^)o
岩

 竜18.【10:26】天狗岩の上の岩です。 \(^_^)/ 
天狗岩の上

 竜19.さきほど歩いていた岩場が見えまーす。 γ(▽´ )ツ
岩場

 竜20.鶏冠山を眺めます。右側は安土の方向ですよ。 o(^▽^)o
鶏冠山

 竜21.戻って先に進みます。天狗岩を振り返りました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
●

 竜22.【10:44】耳岩です。ガイドでは休憩場所になっています。
耳岩

 竜23.【10:53】白石峠です。標高570m。ここからまた往復しますよ。
白石峠

 竜24.【10:55】茶沸観音です。  (・A・)
茶沸観音

 竜25.山頂の手前に少し下りがあります。この祠の裏が山頂ですよ。ヾ( `▽)ゞ
山頂の手前

 竜26.【11:06】竜王山山頂。605m。\(^▽^)/ やったね。 《C!》
竜王山山頂

 竜27.山頂から見える景色です。岩が多いですね。 o(^▽^)o
景色

 竜28.【11:17】白石峠に戻っているところです。 (・∀・)
白石峠

 竜29.鈴鹿山脈を眺めました。登りたいなぁと思いました。 ヾ( `▽)ゞ
鈴鹿山脈

 竜30.【11:22】白石峠に戻りました。このまま直進して下山です。ヽ(゚◇゚ )ノ
白石峠

 竜31.重ね岩です。上のを持ち上げてみたくなりますね。  \(^_^)/
重ね岩

 竜32.【11:31】展望場で休憩します。パンを食べました。 o(^▽^)o
展望場

 竜33.岩山と新名神高速が見えます。 γ(▽´ )ツ
新名神高速

 竜34.【11:45】狛坂磨崖仏です。人間大の大きさでした。 (・A・)
狛坂磨崖仏

 竜35.【12:10】耳岩に直接登る水晶谷ルートがありました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 竜36.さかさ観音様です。 (・A・)
さかさ観音

 竜37.オランダ堰堤です。もうすぐゴールですよ。 γ(▽´ )ツ
オランダ堰堤

 竜38.キャンプ場に戻ってきました。 o(^▽^)o
キャンプ場

 竜39.【12:45】バス停到着です。おつかれさまー。 \(^_^)/
バス停

 竜40.案内板の地図です。 ヽ(゚◇゚ )ノ
地図



 

  竜王山の登山日記  H21.12.6 

 登山口までのアクセスがわからないと、調べるまで行かずに待 っています。電車の駅なら時刻表もすぐわかるのですが、バスだ とバス停名、便数、時刻、時間、価格などわかりにくいです。

 ネットで調べてはいるのですが、更新されているか不安です。 そんなわけで、いつもそのような山はあとまわしになります。

 今回はガイドに載っている竜王山です。鶏冠山と合わせて周遊 する計画です。大津市の上桐生バス停からスタートしました。 栗東市の竜王山めざします。まだ家が多かったですが、すぐにキ ャンプ場を通って山道になりました。

 道案内が多いから助かります。何人か登りに来ていました。 少し離れて静かに歩きます。時計回りの周遊だから、先に落ケ滝 を見学します。12月の空気の中、冷たい水が落ちていました。 岩が水光りしている感じです。冬は凍るのでしょうか。

 9時になりました。標高が上がると琵琶湖が見えました。山頂 の展望に期待します。曇っているから晴れて欲しいものです。 滝の上を見ながら、岩場を登っていきます。ロープがありました。 落ちてはいけません。注意してください。

 北峰縦走路の分岐を通過して鶏冠山をめざします。この道を往 復しますが、約40分必要です。けっこう急です。標高491m の山頂は展望ありません。まわりに木がありました。 山道の途中で景色を眺めています。

 分岐に戻って、今度は天狗岩をめざします。まだまだ岩が多い ところです。奇岩の景色が素晴らしいですよ。いろんな岩を見な がら歩きます。動物に似ているのがあればうれしいです。

 えぐれた道を歩きます。たまに振り返って鶏冠山を眺めます。 10時半前にベンチがある分岐に着きました。ここから天狗岩の 上まで行ってきます。白い岩が目に入ります。見上げると青い空 がありました。

 天狗岩の上からは、鶏冠山や安土の方が見えました。風が気持 ち良いです。休憩によいです。眼下には先ほど歩いた岩場が見え ました。この天狗岩も同じように奇岩なんですね。

 また山道を登ります。白石峠に着きました。今度はここから竜 王山山頂を往復です。茶沸観音を拝みます。峠から130mアッ プするとピークが見えてきました。祠がありますがその向こうが 山頂です。

 11時すぎました。605mの竜王山山頂に到着です。 今回も目標達成です。山頂から琵琶湖の方を眺めます。遠くが白 くかすんでいました。

 近くの竜王山の斜面の岩肌は、奇岩の岩でおもしろいです。 岩の間に松の木などが伸びていました。

 白石峠に戻って本格的に下山開始します。石段の下りです。 重ね岩を見ました。展望場からは新名神高速が見えます。さらに 下って、狛坂磨崖仏に参拝しました。こんなところの岩に彫刻し たんですね。大きな彫刻です。

 林道にでて、どんどん歩きます。さかさ観音にも参拝しました。 その後、オランダ堰堤を見てからキャンプ場に戻りました。 すぐにバス停に到着します。

 4時間15分の山行でしたが、変化に富んでいて満足できる山 登りでした。景色がもっとすっきりしていたらよかったのですが、 春のツツジの季節に歩いてみたいです。


Copyright © 2012 近畿の登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作 by 埃取タオル



















































カーネステン