【広告】 使わなくなったタオルを掃除用に加工しませんか? 詳しくは ⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

  秋の日に縦走した蓬莱山







 −近畿の登山記録− .
近畿北部登山記録 近畿南部登山記録 日本百名山登山記録 山道歩の登山記録
 

  滋賀県の蓬莱山の案内地図

 ■蓬莱山の地図
 蓬莱山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   近辺にある山:武奈ケ岳 釈迦岳 

 蓬莱山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
蓬莱山
 

  蓬莱山の登山記録   H19.11.12

 ■志賀駅からスタートして和邇駅にゴールしました。
   蓬莱山の記録(.xls)

 蓬01.【8:20】志賀駅を出発します。蓬莱山は雲の中です。天気よくなーれ。
志賀駅

 蓬02.【8:27】民家の間を歩きます。神社で今日の登山の安全祈願。 (・A・)
神社

 蓬03.神社のとなりの安養寺です。そして登山口をめざします。 γ(▽´ )ツ
安養寺

 蓬04.【8:38】山に近づきます。登山届けがありました。比良の案内板です。
案内板

 蓬05.バイバスの下をくぐって右へ。そして橋を渡ります。  ヾ( `▽)ゞ
道

 蓬06.【8:47】車道と離れて山道になりました。【8:52】堰を右から登ります。
道

 蓬07.広い樹林の道を進んで、また次の堰に近づきました。 (・∀・)
道

 蓬08.【9:32】キリがかっています。写真が撮りにくいです。 (・∀・)
キリ

 蓬09.紅葉があると道が明るいですね。 γ(▽´ )ツ
道

 蓬10.【9:55】青ガレの道を進みます。 ヾ( `▽)ゞ
道

 蓬11.【10:06】細い山道です。紅葉を探しながら歩いています。 o(^▽^)o
道

 蓬12.【10:12】クロトノハゲの分岐です。  \(^_^)/
分岐

 蓬13.【10:15】山頂目指して歩きます。ゴンドラ山頂駅が見えますよ。ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 蓬14.山上の遊歩道です。ここはまっすぐ進みます。 γ(▽´ )ツ
道

 蓬15.【10:34】天命水です。少しずつでていました。 (・∀・)
天命水

 蓬16.広場にでました。大きな木が少ないです。お地蔵様があります。 (・A・)
広場

 蓬17.【10:38】リフトの方に向かっています。ロッククライミングの練習場です。
ロッククライミング

 蓬18.【10:42】蓬莱山山上です。スキー場になっていました。 \(^_^)/
蓬莱山

 蓬19.打見山を振り返ります。 ヾ( `▽)ゞ
打見山

 蓬20.【10:56】山頂の広場が見えてきました。 \(^_^)/
蓬莱山

 蓬21.誰もいません。静かでした。 (・∀・)
蓬莱山

 蓬22.蓬莱山山頂。1174m。 \(^▽^)/
蓬莱山山頂

 蓬23.小女郎池が見えます。下山時に立ち寄りますね。
小女郎池

 蓬24.たまに日がさすと、リフト頂上駅も明るいです。 o(^▽^)o
頂上駅

 蓬25.【11:03】下山開始します。登山者10名くらい見えました。 (・∀・)
下山開始

 蓬26.琵琶湖が見えます。雲がどいて欲しいですね。  (´・_・`)
琵琶湖

 蓬27.【11:20】小女郎池への分岐が見えます。 ヾ( `▽)ゞ
分岐

 蓬28.池への道に入りました。【11:24】小女郎池です。  o(^▽^)o
道

 蓬29.小女郎池《C!説明》に日が当たるときれいです。その後昼食。ヾ( `▽)ゞ
小女郎池

 蓬30.ササの間の道を通ります。たまに蓬莱山を振り返ります。 \(^_^)/
蓬莱山

 蓬31.【12:14】またピークが見えてきました。2分してホッケ山山頂です。
ホッケ山山頂

 蓬32.紅葉がきれいなところがありますよ。 ヾ( `▽)ゞ
紅葉

 蓬33.リンドウの花がありました。開くかな。 \(^_^)/
リンドウ

 蓬34.日が当たると暑いです。マムシグサの実がありました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
マムシグサ

 蓬35.【12:38】権現山山頂。996m。2つ下山路がありました。ヾ( `▽)ゞ
権現山山頂

 蓬36.景色を眺めながら下ります。もうすぐ樹林帯に入ります。 o(^▽^)o
景色

 蓬37.急ぎ過ぎないように歩いています。【13:17】川を渡ります。(・∀・)
川

 蓬38.【13:20】車道にでました。《C!登山口の様子》 γ(▽´ )ツ
車道

 蓬39.【13:25】水場があります。車道をどんどん下ります。 ヾ( `▽)ゞ
車道

 蓬40.【13:57】道が広くなりました。山の天気がよくなっています。
道

 蓬41.住宅地に入りました。 γ(▽´ )ツ 花が咲いています。
住宅地

 蓬42.【14:10】バイバスの北に蓬莱山と打見山が見えます。《C!大》\(^_^)/
蓬莱山

 蓬43.【14:24】近道したいけど、行き止まりの道ばかりでした。 (´・_・`)
道

 蓬44.権現山や蓬莱山が見える景色がいいですね。《C!大》   \(^▽^)/
蓬莱山

 蓬45.JRの線路が見えました。そして和邇駅の方から電車がきました。γ(▽´ )ツ
JR

 蓬46.天気がよくなって青空が見えます。蓬莱山がきれいです。 o(^▽^)o
蓬莱山

 蓬47.【14:50】和邇駅に到着しました。さすが蓬莱山。縦走で体力使いました。
和邇駅



 

  蓬莱山の登山日記   H19.11.12 

 秋が深まってくる季節です。山の上の紅葉はどうでしょうか。 琵琶湖西の蓬莱山にチャレンジすることにしました。もちろんリ フトは使わないで山道を登ります。秋空も楽しみですね。

 8時過ぎました。志賀駅からスタートします。山の上に雲がか かっています。田んぼを見ながら歩きますが、この季節は稲刈り の跡が見えているだけです。天気の回復を祈りながら登ります。

 住宅のある町中を歩きます。神社とお寺にお参りしてから、人 里を離れていきました。水田の石垣がきれいです。登山届を出し て、バイバスの下をくぐって橋を渡りました。

 山道になりました。堰を右から登っていきます。植林の道です。 雲の中に入ったようで、まわりにキリがあります。ひんやりした 空気です。写真が撮りにくくなりました。

 黄色く紅葉した葉っぱがあると山道が明るいです。赤い紅葉も あるとうれしいです。細い山道を進んでいきます。クロトノハゲ の分岐に着きました。その後、展望がよくなり、ゴンドラ山頂駅 が見えました。頑張りましょう。

 山上の遊歩道に合流しました。広くてきれいです。天命水があ るので少しいただきます。少しずつ水がでています。広場にでる と、スキー場の斜面が見えてきました。

 リフトの方に登っていきます。もちろんまだ雪はありません。 草刈りされている道なので歩きやすいです。スキー場の施設が見 えます。あのピークが蓬莱山山頂でしょう。頑張って行きますね。

 たまに打見山を振り返りながら、草を踏んで歩いています。花 がないです。もうすぐ完全に緑がなくなる時期です。物思いにふ けりながら登ると、鐘がありました。

 蓬莱山山頂です。標高は1174m。 人が少なくて静かです。ちょっと寂しいけど目的を達成しました。 景色を眺めます。

 木がないから展望がいいです。これから向かう小女郎池が見え ています。山にはキリがあるので、まだ遠くがすっきりしません。

 日がさす時がでてきました。その時は山上も明るいです。11 時に下山開始しました。クマザサの間の広い道です。道が続いて います。琵琶湖が見えてきました。湖と陸の境がわかります。 まだ曇った景色でした。

 ゆるやかな道を楽しみます。下山になると気分的に楽です。 小女郎池に立ち寄ることにしました。分岐から少し往復します。 初秋色の草の間に静かな池がありました。 多くの生物の憩いの場だと感じます。

 たまに蓬莱山を振り返りながら、展望のよい道を歩きます。 アップダウンの道になります。紅葉がきれいなところがありまし た。黄緑色、黄色、紅色が混ざっていると美しいです。

 道の脇にリンドウの花がありました。開いたのがないか探して みます。マムシグサの赤い実もありました。権現山山頂で道が分 岐しています。いつか西側に下ってみたいものです。今回は湖西 線の駅に下山します。

 もう下りだけになりました。樹林帯に入って行きます。車道に でたらあとは駅を探していくだけです。水場がありました。自然 の飲み水があるとうれしいです。

 舗装路をどんどん下っていきます。バイバスを横切る時に、北 に蓬莱山が見えました。かなり離れました。近道しようと思うの ですが、なかなかよい道がありません。道がわかりやすいと助か るのになぁと思いました。

 琵琶湖めざして歩いて行ったので、広い田んぼが見えて、JR の線路も目の前になりました。電車がきそうなのでカメラを手に 持って歩きます。ちょうど白い電車がきました。絵になります。

 線路をくぐって反対側にでます。田んぼが広いから、蓬莱山が 大きくきれいに見えます。この時間に天気が晴れて、青空が見え ました。朝から晴れて欲しかったです。

 後ろ髪をひかれながら、車道を歩いて和邇駅にたどり着きまし た。15時前です。さすが蓬莱山です。縦走で体力を使いました。

 またいつか天気の良い日に別ルートでチャレンジしてみたいで す。夏の花も見たいですね。


Copyright © 2012 近畿の登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作 by 埃取タオル



















































カーネステン